転職して日が浅くても、

また次の転職を考えることってありますよね。

 

 

〇転職前に聞いていた条件と違った

〇セクハラ、パワハラされている

〇仕事内容が合わなかった

etc…

 

十人十色で理由はあるものです。

 

 

そんな時は、

職歴の短さから引け目を感じて

転職活動に二の足を踏んでしまいがちです。

 

 

次の会社の面接で

「なぜ短期で辞めたのか?」

「またすぐに離職してしまうのでは?」

と聞かれるのが怖い、ということもあります。

 

 

 

そんな状況でも転職を可能にする方法をお伝えしていきます。

 

 

1.熱意を伝える

 

前職の在職期間が短いことについては面接で触れられる可能性が高いです。

 

 

やはり企業側からするとまたすぐ離職してしまうのではないか?と心配するのは

当然のことですよね。

 

 

通常の面接の場合も同じですが、

そんな時にパワハラセクハラがあった、

条件が違ったなどとネガティブな理由を言ってもプラスに働くことはありません。

 

 

短期で離職する理由についてはなるべく端的に答え、

代わりにその会社で働きたい理由を伝えることに時間を割きましょう。

 

 

今回の転職をするにあたって、

今後どのように働いていくか深く考えたことを伝え、

その結論として、その会社で働きたいと思った志望動機を熱意をもって述べます。

 

 

短期で離職する理由(端的に)→反省や自己分析の結果→志望動機(熱意を持って)

 

この流れに沿って素直な気持ちを伝えると良いです。

 

 

2.自己アピールは前々職のことを活用

 

これまでの職歴で何をやってきたか、面接で尋ねられます。

 

 

前職の職歴が短いと、

実績というほどの実績もないでしょう。

 

 

そんな時には、

前々職の職歴から自己PRを作成します。

 

 

次に志望する会社が前々職と同じ職種や業界であれば効果的です。

そうでなくても次の会社で生かすことができそうな実績をピックアップしてアピールしていきましょう。

 

 

在職期間が短いからと言って落ちるわけではない

 

転職活動中、面接に落ちること、中々内定が出ないことが

あるかもしれません。

 

 

そこで、在職期間が短いから落ちるんだ、とは必要以上に気にしすぎないようにした方が良いです。

 

 

仮に在職期間が短いことが不合格の理由だったとしても、

その会社がそういう判断をした、というだけのことです。

 

 

企業側の求める人材と応募者の条件がマッチングすれば、

在職期間が短くても転職はできるし、内定ももらえます。

 

 

ただ、在職期間が短ければ、

在職期間が長い人より不利であることは間違いないので、

根気強くいく方が良いです。

 

 

ちなみに私は、前職が10か月ほどで転職をしました。

その時は前々職と同じ業界に入ったので、

やはり応募書類や面接には前々職の実績を活用していました。