巷では派遣社員から正社員になるには3年必要と言われています。

本当に派遣社員から正社員になるために3年待つことは必要なんでしょうか?

待つ位なら転職すべき理由を、お話したいと思います。

sponsored Link

 

派遣社員から正社員になるには3年必要?

 

2015年の労働派遣法改正により、派遣先で働ける期間は3年間が上限になりました。

この区切りで派遣先企業が正社員にするか、派遣切りするかを判断します。

 

 

ただ3か月以上空ければ再び同じポジションで働くことができるので、

優秀なスタッフであればこの方法で人材確保するでしょう。

 

 

そうなるとこの法律が決まる前と対して変わっていないように感じます。

 

 

このことが決まる以前から派遣社員は3年が一区切りという雰囲気を感じていました。

実際に派遣会社はそのような謳い文句で登録者を募っていました。

 

 

 

はっきり言って、3年経てば正社員になれる、なんていう保障はどこにもないわけです。

全ては会社次第です。

本人の意志でどうすることもできません。

 

 

自分が経営者側だったら安い人件費で人材を確保したいと思いますよね?

そうすれば派遣社員のままでいて欲しいはずで、

この法律があるからといって誰でも正社員として雇うという可能性は低いと思います。

 

 

 

私は周囲の環境や、派遣先の反応を見て正社員になれる可能性が低いと悟ったので、

2年半で転職活動をし、正社員になりました。

 

 

 

一方で、3年経過しなくても派遣社員から正社員になった知人もいました。

会社の組織改編により社員が大量に辞めて、派遣社員だった人達が繰り上げで正社員になったそうです。

 

 

このように良い意味でも悪い意味でも会社次第なんですね。

sponsored Link

待つ位なら転職すべき理由

 

派遣社員から正社員になるために3年待つ位なら転職することをおすすめします。

 

 

理由としては、以下です。

 

1.正社員になれるかどうかは会社の意思決定次第(こちらに決定権はない)

2.若い時の時間は貴重(人生においても、転職市場においても)

3.いればいるほど居心地がよくなって腰が重くなる

4.セルフイメージが固定されてしまう

 

 

 

1.正社員になれるかどうかは会社の意思決定次第(こちらに決定権はない)

1.については先ほど述べた通りです。

良くも悪くも会社次第で、長く待っても正社員になれる保障はありません。

 

 

 

2.若い時の時間は貴重(人生においても、転職市場においても) 

 

転職エージェントDODAの調査によると、2016年下半期の転職者の平均年齢は32.5歳でした。

転職する年齢は年々右肩上がりになっています。

 

 

このような報告もあります。

 

入社後の教育・育成を前提に、ポテンシャルに期待した若手層の採用に積極的な企業も引き続き多い状況

引用元:https://doda.jp/guide/age/

 

企業からも若手の社員が求められています。

未経験の職種や業種へのキャリアチェンジを望む応募者にとっては教育制度があるのは大変ありがたいですね。

 

 

 

そして、伝えたいのは、若い時の時間は貴重ということです。

給与の面で、できれば20代を派遣社員として3年間過ごすよりも転職して正社員として過ごす方が良いのではないでしょうか。

 

 

賞与をもらった方が生活に余裕がでます。

お金の余裕ができると、プライベートを充実させる事も可能です。貯金も可能です。

 

 

もちろん、派遣社員として就業した経験も決して無駄にはなりません。

ただ、正社員の方がいいのかな、という思いがあるのなら、転職サイトに登録したり、情報を集めたりするなど行動に移していくことをおすすめします。

 

 

 

3.いればいるほど居心地がよくなって腰が重くなる

 

職場というのはいればいるほど環境に馴染んでいきます。

仕事内容、人間関係。

馴染むことは円滑に業務を進めるためには良いことでもあります。

 

 

しかし、そのような状況でも待遇には不満がある場合、

正社員になるための転職活動をするには腰が重くなってしまいます。

 

 

知人には10年くらい派遣をやっている人もいました。

その方に聞いたところ、

「最初はスキルをつけて正社員に転職しようと思っていたけど、不満が特になく働きやすいのでずっと働いている」

と言っていました。

 

 

行動を起こすには不満がある方がエネルギーになります。

「絶対、この環境から抜け出してやる」という強い思いがあると自ずと行動したくなるものです。

正社員になることを望んでいるのなら、慣れて居心地が良くなる前に動いた方がいいのかもしれません。

 

 

 

4.セルフイメージが固定されてしまう

 

例えば新卒では正社員、次に異業種への転職を目指して派遣社員として働いている場合。

派遣社員は仮の姿、と思っていてもその場にいればいるほど派遣社員としてのイメージに慣れていきます。

 

 

 

そのうち、

ボーナスがないことが「普通」になり、

派遣社員だから有給が少ないことが「普通」になり、

派遣社員として搾取されながら働くことが「普通」と感じるようになっていきます。

 

 

 

こういうセルフイメージを持つと

自信がなくなって転職しようにも腰が重くなります。

 

 

セルフイメージは人の行動パターンや思考パターンに大きな影響を与えます。

幸福なセルフイメージを持つ人は幸福な人生を送ります。

逆もまた然りです。

 

 

自分は派遣社員なのが当然だというイメージに慣れ親しむ前に、行動を起こした方が良いでしょう。

sponsored Link

 

正社員になれるかどうかのチェックポイント

 

働いている会社で、正社員になれるかどうか。

その会社に前例があるのかをまずはチェックしましょう。

正社員の中で派遣から正社員になった人がいるかどうか、ですね。

 

 

 

派遣会社にも3年経過すれば正社員になれるのかを聞いてみましょう。

派遣先企業でなくても派遣会社の社員になれる可能性もあります。

 

 

 

ただどっちの会社でも社員になりたくないなら

転職活動をして、自分にあった企業を見つける方がいいです。

 

 

 

おすすめの転職エージェント

 

私は転職エージェントを利用して派遣社員から正社員への転職を成功させました。

 

 

以下がおすすめのエージェントです。

派遣社員にも求人を紹介してくれました。

 

 

 

1.パソナ



求人、アドバイザーの質ともにトップクラスのエージェント。

担当のキャリアアドバイザーが就くので相談しながら転職活動を進めることができます。

求人案件の質も高く、ゴリ押しは一切ありませんでした。

落ち着いた雰囲気で、コミュニケーションが取りやすかったです。

 

 

私はパソナキャリアから転職しました。

体験談はこちら→パソナキャリア【転職エージェント】のレビューと体験談。女性転職

 

 

2.ワークポート



以前はIT、エンジニアに強い転職エージェントでしたが、

今ではあらゆる職種、業界の求人案件があります。

WEBから応募し、専任の転職コンシェルジュと面談します。

希望にマッチングした求人を紹介してもらえます。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

 

3.DODA

 

有名な転職エージェントで求人数は100,000件以上。

そのうち80~90%が非公開求人。

老舗で信用も厚いため大手企業の求人も多数ありますし、

業種、職種も多岐に渡ります。

アドバイザーは親身になって話を聞いてくれる方で希望を伝えやすかったですし、

断った場合でも無理強いなどはありませんでした。

 

 

◆転職サイト

 

4.リクナビネクスト

リクナビネクストは転職サイトです。

ここにも正社員の案件は多数出ています。

webサイトに登録してwebから企業に直接応募していく仕組みです。

可能性を広げるためにもこちらも併用していくのがおすすめです。

リクナビNEXTへの登録はこちら

 

 

最後に

 

派遣社員をしていた頃に転職するかどうか長々と悩んだ時期がありました。

今思うともっと早く行動してもよかったのかな、と思います。

ここを読んでいる方には時間を無駄にしてほしくないので、派遣社員としての待遇に不満があるなら、行動することをおすすめします。