職場の人間関係のストレス。

現代では多くの人がストレスを抱えています。

このストレスが原因で病気になる人もいます。

そんなことになる前に退職しても問題ないんです。

人の意見、自分の弱さ、常識。色々ありますが、

あなたの本心はなんでしょうか?

自分の心に素直になって決断することをおすすめします。

sponsored Link

 

職場の人間関係のストレス

職場の人間関係のストレスとはどんなものがあるでしょうか?

 

□上司との関係

□取引先との関係

□同僚との関係

 

このあたりでしょうか。

 

 

上司との関係

会社とは様々な年齢層の人間が集まって働いている組織で、幅広い場合、20代~60代までいます。

上司と気が合わない、上司の仕事のやり方が合わない、無茶ぶりしてくる、パワハラ、セクハラ。

 

 

人間なので気が合わない、やり方が気にくわない、なんてことは起こり得ます。

上司が明らかに間違っている、もしくは効率が悪いやり方を指示してくる場合、意見を言いたいですが、

自分より会社内で権威を持っている上司には物を申しづらいですね。

かといって間違っていると思っているのに黙っていうことを聞くのもストレスが溜まります。

 

 

いびり、パワハラ、セクハラに関しては許されない問題です。

社内のコンプライアンスがしっかりしていて、人事にも信頼できるツテがあるなら、相談してみる価値があるんじゃないでしょうか。

ただ、明らかに問題があっても問題を荒立てたくないという人々や、社内の人間関係で上司の肩を持つ人などがいて、問題が改善されない場合があります。

働いてみて分かりましたが、会社では汚い手を使う奴が生き残るという一面もあるようでした。

 

 

実際今まで働いた会社で見たのは、一人の上司が原因で次から次へと人が辞めていく部署がありました。おかげで若い人材はいなくなってしまいました。

そんな風に明らかに問題がある上司でもその人にはお咎めなしで、また採用面接を行って新しい人を入れていましたね。

傍からみると効率が悪いのですが、それでもその人を残しておくと判断したのは社長です。

現実問題、会社は社長の意思決定が全てなんですね。

 

 

取引先との関係

取引先との人間関係がストレス、ということもあるようです。

顧客や元請けという立場を利用して執拗な嫌味を言ったり、無理な注文をしてくる場合もあります。

 

 

営業などでこういった客とがっつり絡む場合は余計にストレスに感じる場合があるようです。

私は内勤の時は電話だけでの対応だったのですが、それでもおかしな客はいるものでストレスは感じましたね。

 

sponsored Link

同僚との関係

同僚との関係がストレス、という場合もあるようです。

 

 

1.お局が仕事と関係ないことで嫌味を言ってくる(服装、化粧など)

2.同僚との距離が近すぎて面倒

3.同僚が嫉妬、妨害してくる

4.同僚のミスを尻拭いさせられる

 

 

 

1と2は女性社員ならではかもしれません。

 

 

1.お局が仕事と関係ないことで嫌味を言ってくる(服装、化粧など)

仕事とは関係なくてもお局社員が若手の女性社員に嫉妬して嫌味を言ってくることがあるようです。

服装を注意されたり。その程度で済むならまともなお局ですが、中には言いやすい人、優しそうな人に狙いを定め、陥れようとしたり、八つ当たりしてくることもあります。

これらは実際に友人などからもよく聞きました。

わざと大事な書類を隠して、若い女性社員のせいにした人がいたそうです。

ドラマみたいな話ですが…

 

 

2.同僚との距離が近すぎて面倒

同僚との距離が近すぎる場合もストレスになります。

毎回女性同士で集ってランチ、話のネタは他の社員のゴシップ、とかですね。

あまり悪口の輪に加わるのはいい気がしないものです。油断すると「○○さんも言っていた」と勝手に仲間にされかねませんし。

いい大人なので少しずつ参加しないようにして、机でランチしたり、外に出るなどして徐々に距離を離していくのが効果的です。

 

 

3.同僚が嫉妬、妨害してくる

これも面倒ですね。

優秀な人、目立つ人ほど嫉妬深い同僚の目に留まりやすいようです。

相手が勝手にコンプレックスを感じているだけなんですけどね。

妨害としては電話を取り次いでくれなかったり、重要な変更事項を教えてくれなかったりします。

 

このような人を変えるのは難しいので、解決策としては、

相手よりも社内で権力を持つか(こういう人は大抵権力に弱い)、あえて目立たないようにしてあなたの方が優れていますよ、という姿勢を見せてあげると相手は安心します。

 

 

4.同僚のミスを尻拭いさせられる

仕事の過程を分業化し、チームで働いている場合、一人のミスが全員に降りかかってくることがあります。

普通の人なら人間が完璧ではないことを踏まえて静かにカバーするかもしれませんが、

何度も続いたり、本人があまり反省していない様子だとストレスに感じますよね。

 

特にその同僚が嫌い、仲良くない場合には余計にストレスを感じるのかもしれません。

 

 

まとめ

全体的に外部よりもやはり内部の職場の人間関係がストレスになるのだと思います。

社内だと接触する機会が多いですからね。

ストレスが強すぎるとうつ病や体の不調につながることがあります。

 

 

私の場合は無気力になってぼーっとして何も考えられなくなったりしました。

今、人間関係のストレスで苦しんでいる人もたくさんいるのでしょう。

退職を考えるほどに…

 

 

結論から言って、職場の人間関係のストレスで退職しても問題ないと思います。

病気になったりすると、回復までに時間がかかります。

特に心の病気は一度なってしまうと治療に時間がかかります。しばらく働けなくなります。

 

そうなる前に、退職、という手段もありだと思います。

 

 

ただ、その前にできることはないか考えてみましょう。

人間関係ということで対象となる人物と離れれば状況が改善されることは多くあります。

会社に相談窓口はありますか?

相手、もしくは自分の部署移動は可能でしょうか?

休職という手段もありますね。

申請するハードルが高いかもしれませんが、そういう人間関係のもつれで休職して一年後に復帰した人を知っています。復帰後は元気に働いていました。そういう人もいるんですよ。

 

 

それでも状況に改善の見込みがなければ。

退職もありです。

その場合は次の職場を見つけてから退職することをおすすめします。

職場でのストレスをバネにもっと良い職場を見つけてやりましょう。

 

 

 

一方で、疲れすぎてちょっと休みたいという人もいると思います。

その場合は最低でも半年は生きられる程度の貯金は貯めておいた方がよいです。

失業保険を申請するとしても、自分から辞めると自己都合退職になり、申請後に給付制限が3か月あります。

失業手当が支給されるのは3か月後からになってしまいますので。

 

sponsored Link

あなたの本心は?

職場の人間関係のストレスに関して。

あなたの本心はどうでしょうか?

退職したいけど、この程度で辞めるなんて、とか

あいつのせいで辞めたくない、とか。

色々葛藤があると思います。

 

 

そんな時こそ、自分の気持ちに素直になるべきだと思います。

これは人生の目的にも通じてくるのですが、あなたが人生に望むことは何でしょうか?

安定した職があって給与も十分もらっていても、

毎日足に碇をぶら下げて通勤するような気持ちだったり、

鳥肌が立つほど嫌いな人と週に5日も顔を合わせる日々はつらいと思います。

また、自分がイライラすることで周囲の人、家族や恋人、友人を嫌な気分にさせている場合もあります。

 

大事にしたい人にネガティブな影響を及ぼすのは嫌ですよね?

 

こういった状況を改善するためには退職、転職も手段の一つとして考えても良いのではないでしょうか。

 

 

退職する理由なんて人それぞれです。

心ないことを言う人もいますが、人間、自分がその立場にならないと分からないものです。

また、自分が弱いから、とか仕事できないからとか自分の中にばかり原因を求めるのもおかしいです。

反省すべきところは反省すべきですが、

どこに行っても同じ状況なんてあり得ないんじゃないでしょうか?

たまたま嫌な職場にあたってしまったんです。

 

 

人の意見よりも自分の気持ちを優先することをおすすめします。

 

 

先ほども言いましたが、

対象となる人物や人間関係と離れると驚くほど状況が改善されます。

心も少しずつ元気になっていきます。

実際、退職してしまえば同じ業界で絡みがある会社に転職しない限り、関わりありませんからね。

前の職場の嫌いな人とは連絡取らないようにしましょう。

連絡取り合う義務なんかないはずですので。

仕事関連の質問などと言われないよう、引き継ぎだけはしっかりとしておけば大丈夫です。

 

 

自分も周りの人間も幸せに生きられるように決断していきたいものです。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。