退職の挨拶メールの件名はどのようなものがふさわしいのでしょうか?

社内向けならbccでの送信が良いです。

送信のタイミングは?

退職の挨拶メールに関する情報をまとめています。

sponsored Link

退職の挨拶メールの件名は?

件名の例をまとめました。

 

 

◇退職のご挨拶

◇退職のご挨拶 ○○会社〇田〇美 (社外向け)

◇退職のご挨拶 営業部〇田〇美 (社外向け)

 

 

上記のようにシンプルなタイトルでOKです。

社外向けなら件名に会社名と氏名、

社内向けなら件名に部署名、氏名を入れると分かりやすくて親切です。

 

 

実際にこれまで見た中でもこのようなシンプルな件名が多かったです。

受け取った側にも意図が伝わりやすい形ですね。

 

 

退職の挨拶メール。社内向けならbccが良い理由

最近では退職の際に挨拶メールを送信することが多いですね。

これまで数社で働きましたが、大抵の人は退職の挨拶としてメールを送信していました。

 

 

この挨拶メール。

社内向けなら私はbccでの送信が良いと思います。

 

 

退職の際、

最後は引き継ぎ業務で忙しいこともありますし、同僚や上司、一人一人に文面を変えて送るのも大変です。

結果として同じ文面のメールを一斉に送ることが多くなると思います。

その場合、To欄に送信先全員の名前を入れてしまうと、誰に送ったのかがそれぞれの人に伝わってしまいます。

ある意味送信者の思いや、社内の人間関係が露呈してしまいますし、

送った人、送ってない人が見えるので快く思わない人もいるかもしれません。

 

一方、bcc欄に宛先を入れて送付すれば受信者に送り先のアドレスは見えないため、プライバシーが守られます

 

 

bcc欄に入れてメールを送るデメリットもあります。

 

◇全員共通のテンプレ文書で形ばかりの挨拶になってしまう

◇感謝の気持ちが伝わりにくい

◇受け取った人も返信しづらい

 

 

このように全員に同じ内容を送ることになるので、相手に対しての特別な感謝の意は伝わりにくいと思います。

お世話になった方には文面を変えて一人ずつ送信するのが良いでしょう。

 

 

あまり会社に思い入れがなかったり、仲が良い同僚には別の形で挨拶するのであれば全員に送るメールは同じ文書をbccで送信する方が無難でしょう。

sponsored Link

退職の挨拶メール。送信のタイミング

退職の挨拶メールの送信のタイミングは退職者のあなたの気持ち次第です。

 

退職メールに返事がきたとしてもやり取りする意志があるなら、最終出勤日よりも2,3日前に送る方が良いでしょう。

送信された側も返信する猶予がありますし、送信側もまだ会社に出勤しているということでやり取りができますから。

 

 

特にやり取りする意志がないが常識として最後に挨拶したい場合は、最終出勤日の勤務時間外に送るのがよいでしょう。

就業時間内に送ると快く思わない人もいるので、終業後すぐに送信する、というのが無難です。

 

 

これまでのパターンを見ると後者が多かったですね。

社外の関係者への挨拶、引き継ぎ作業などありますから中々個人個人に文面を変えてメールするのは時間的に難しいものがありますよね。

 

 

余談ですが周囲では最後の挨拶として、メール+同じオフィスの人にお菓子を配るという形が多かったです。

 

 

お菓子を配りたくないという悩みがある方はこちらも参考にしてみてくださいね。

関連→退職でお菓子を配りたくない時の裏技。顔を合わせずに配るやり方

 

 

以上、退職の挨拶メールに関する情報をお伝えしました。