女性社員でいずれは産休の取得を希望している方。

転職する前に!産休をとれる会社かどうかを見極める必要があります。

入社前に見極める方法をまとめています。

 

1.求人票をチェックする

求人票に大きく「産休、育休取得実績あり」と記載し、女性の転職希望者へ向けてアピールする会社も少なくありません。

まずは求人票を読み込むことが大切です。

また、リクナビネクストなどの転職サイトではそういった条件に絞って検索することもできるので、希望の会社を見つけやすくなっています。

 

 

2.面接で質問する

求人には産休ありと書いてあっても、実際のところは入社するまでわからないものです。

会社全体での産休取得率は高くても、部署によって偏りがあったり、取りづらかったりする場合もあるのです。

 

具体的なことは面接で質問し、確認することができます。

 

 

産休、育休はあるのか?

過去に女性社員が取得した実績はあるのか?

内定後に配属される部署の産休取得率は?

 

 

など、気になるところを質疑応答の時間に質問しましょう。

ただし、さりげなく質問するように気を付けた方がよいでしょう。

 

最初からこのことばかり聞いていたら、「具体的な計画があるのか?」「入社してもしばらくしたら産休を取ってしまうのではないか?」という余計な不安を面接する側に与えてしまいます。

 

ですので、他の質問をする過程でこの質問も織り交ぜるほうが無難です。

 

 

また、産休を取ることで持っていた仕事を引き継いだりと周りに負担をかける可能性もあります。

産休を取ることに理解がない同僚ばかりだと頼みづらくなると思います。

男性ばかりの職場で理解されづらいかもしれませんし、女性ばかりの職場でも別の意味で周囲の視線が痛い場合も考えられます。

その辺の不安を解消するために、面接の段階で一緒の部署で働く人の年齢層や性別なども聞いておくとよいでしょう。

 

3.口コミサイトを調べる

面接で「産休はとれる」「実績もある」と言われて安心して入社したものの、実際には産休を取得し辛い雰囲気で、退職せざるを得なかった…

 

エージェントから産休は取得できると聞いていたが、実際には違った…

 

転職先の面接官、転職先との間に立つエージェントから情報を取得しても、自身が入社してみると事実と異なっていることも残念ながらあります。

 

会社は自社の良いところだけを面接で伝える傾向があります。

転職希望者にわざわざ悪いところは言いたくないでしょうから、当然ですよね。

また、エージェントは中々会社の内部事情すべてに精通しているわけではありませんから、求人票に書いてある事実をそのまま伝えているだけ、という場合もあります。

 

 

それをそのまま信じて入社しても困るのは自分自身なんですよね。

 

 

そこで、入社してから後悔しないためにも、事前に口コミサイトを見ておくことをおすすめします。

口コミサイトでは過去にその企業に勤めていた人や、現在も働く人々の本音が集まっているので、非常に参考になりますよ。

 

 

私の体験としては、エージェントから「産休はありますよ」と言われていた企業の口コミを調べてみると、

 

・産休はあるが、取得したことがある人を知らない

・妊娠すると辞めるように促される

・女性向けの製品を扱っているのに女性社員に厳しい

 

といった信じがたい意見が並んでいました。

 

 

このように本音と建前の間には大きな隔たりがあるようです。

 

 

ですので、自衛手段として、入社前に口コミを見ておくことをおすすめします!

 

 

中には、口コミサイトって信ぴょう性はあるのかな?と思っている方もいるかもしれません。

そんな場合は自身が過去に働いた会社の口コミを見て、自身の経験と照らし合わせて判断するのがいいでしょう。

 

 

また、できるだけ一つの口コミサイトではなく、複数の口コミサイトに目を通した方がより多くの情報を取得できます。

 

 

オススメの口コミサイトはこちらです。

 

 Vorkers

ユーザーは約170万人。

多くの企業を網羅しており、口コミ内容も一方的な批判でなく働いている人の生の声を感じられます。

 

 

 10万件の企業口コミ。キャリコネ

平均年収月の残業時間など様々な詳しい情報を知ることができます。

給与も登録されているので、賞与や、住宅手当など詳しい内訳を知ることができます。

女性の働きやすさ」や「残業・休日出勤」の項目に女性の産休、産休後の働き方についても口コミが記載されていますので、くまなくチェックしましょう。

 

 

現代では口コミサイトを利用すれば、知り合いがいなくてもネットで企業の内部事情を知ることができるので本当に便利です。

転職において、入社後に後悔しないためにも、積極的に情報収集することをおすすめします。