転職したいけど自己分析ができない!という方へ。

今の職場に不満があって辞めたいのだけど、次にどんな会社で働けばよいのか。

考えれば考えるほどにわからなくなることがありますよね。

そういう方にお勧めの方法は、まずは現在の職場の不満点を書き出すことです。

 

まずは職場の不満を書き出そう!

次にどんな会社に転職するかを考える時、やりたいことを考え込んでしまって自分がわからなくなってしまうことがあると思います。

仕事は生活のためだから給与が高ければよい!と割り切れる人であれば給与が高い仕事で、自分が詳しい分野の会社を見つければよいので悩まないでしょうが、そもそもやりたいことがわからない、そんなに仕事に興味がない方はどうしていいかと悩むことがありますよね。

かつての自分がそうでした。

そんな方にお勧めなのが現在の職場(もう退職されている方は前職の職場)の不満点を紙に書きだすという方法です。

以下の例をご参照ください。

 

転職, 自己分析,不満

 

このように6つの項目に分け、各々の不満点を書き出していきます。

次に不満な度合に対して、-1 から-5までの点数をつけます。

 

-5  嫌すぎる

-4  とても嫌

-3 嫌

-2 ちょっと嫌

-1 まだ我慢できる、妥協できる

 

点数は考え込まず、直観で書いていきましょう。

点数の一番下に項目ごとの合計値を書きます。

 

 

書き出しましたか?

心理的にも書き出すという行為は自分の気持ちを明確にできるので、気分もすっきりすると思います。

 

書き出した後は眺めてみてください。

自分はこういうところに不満を感じているのか、と気づくでしょう。

 

点数がもっとも低い(マイナスなので)ジャンルはありましたか?

人間関係、仕事内容など、ひとそれぞれだと思います。

 

自分が不満を感じている部分を明確にし、

次はその部分が改善される職場を選ぶことで、現在の不満感を解消することができるでしょう。

参考になれば幸いです。

この次は、ではどんな仕事をすればよいのか?を書き出していく方法を紹介します。

転職成功の秘訣は希望条件を明確にすること!ぶれない基準を作る