長く苦しい転職活動を経て遂に内定!

しかも、嬉しいことに複数の内定をゲット。

こんな時、嬉しいけれど、「どちらに入社するか?」という大きな悩みが生まれます。

悩む心理や、どうやって決めればいいのか?についてまとめました。

 

転職の内定後に迷うのは当然

 

転職活動中は何社も並行して受けるので、迷うのは当然です。

 

 

例えば条件の良いA社から内定が出たけど、第一志望ではない。

でも第一志望のB社から結果が出る前に返事をしなければならない…

 

A社を断ってB社が内定なら納得できるけど、A社を断ってB社も不合格だったらつらい。

こんな運命の分かれ道の時は、七転八倒するほど悩むものです。

 

こんな時は冷静に自分の気持ちを整理することが大事です。

 

転職の内定後に迷う時。ノートに書いて比較

内定が出た会社の一面だけを見て決定し、後々後悔しないように、条件をノートに書きだして情報を整理することがおすすめです。

 

待遇について

待遇については以下のポイントをチェックしましょう。

 

  • 給与
  • 福利厚生
  • 社員会などの費用を給与から天引きされないかどうか
  • 昇給制度はあるか
  • 退職金はあるのか

 

これらのチェックポイントについて、1-5のスケールで点数をつけていきます。

そして後に会社ごとに比較するのです。

 

環境について

環境についてチェックしたい項目は以下です。

 

  • 通勤時間
  • 勤務地の立地(最寄り駅は混まないか?)
  • 社員の年齢層
  • 近所に飲食店はあるか
  • オフィスの階数は?(地震、火事などの万が一を見据えて)
  • 人間関係は良さそうか?
  • 風通しが良いか?

 

 

毎日通うので、働く環境も侮れない項目です。

毎朝最寄り駅が混む場合、通勤だけでどっと疲れてしまうこともあるので。

また、人によっては”食環境”が充実しているかどうかは大事なポイントです。

 

退職のきっかけで代表的なものが、職場の「人間関係」。

入社してみないとわからないものですが、口コミサイトを見るなどして傾向をチェックしておくと安心感が増します。

 

スキルアップについて

 

  • スキルアップできるか
  • 何年くらいで昇給できるか
  • 将来のキャリアプランが描けるか

 

今だけにフォーカスするのではなく、将来の環境も見据えて判断します。

何年か先も働くことができるかどうか?

役職につけそうか?

など。

 

今いる社員の人のキャリアプランなどを聞いておくと、イメージしやすくなります。

 

感情面から判断

いくら条件が良くても、自分が心から納得できないと不安、不満など心にしこりが残ります。

入社後に後悔してしまったり。

 

納得して入社するためにも、最終的には自分の本心に素直になって判断することをおすすめします。

 

転職しようと思ったきっかけと向き合う

なぜ前の職場を辞めたのか?

その疑問に対する答えにヒントがあります。

 

  • 人間関係が嫌
  • キャリアアップできそうもない
  • 仕事内容に興味が持てない

 

ここに不満をもって辞めたのですから、次の職場ではその問題がクリアできれば、以前よりは働きやすくなるでしょう。

以前よりも良くなった、と思えれば納得感を持って働くことができます。

 

また、もしも体調が優れない、気持ちする、などの問題があるなら。

今すぐ転職するのではなく、休養を取ることが大事です。

 

コイントスで決める

 

原始的な決め方ですが、自分の本心を知るやり方として意外と効果があります。

あらかじめ表が出たらA社、裏が出たらB社、と決めてコインを投げます。

そして出た方に行く、と判断します。

 

…といくらなんでもこれで決めるのは横暴ですね。

 

大事なのは表が出た時、裏が出た時にどう思うか?ということです。

 

表(A社)が出て「えー…」「A社かぁ。。」とネガティブな思いが浮かんで来たら、本能的にA社に入社するのをあまり良いと思っていないということになります。

逆に裏(B社)が出て、「なるほど」「…うん」と納得感というか、ポジティブな感情が浮かんできたら、B社に対して気持ちが前向きになっていると判断できます。

 

できる限りの努力をしてみる

もしも転職エージェントを介して転職活動をしているのなら。

スケジュールの調整をお願いするのもアリです。

 

別に受けている会社の内定が出て判断したいので、少し内定の返事を待ってもらえないか?と。

そのまま伝えると相手先企業に失礼なので、そこをどういうかはエージェントに相談しましょう。

 

エージェント的にもどちらにせよ内定を決めてもらいたいので、協力してくれると思います。

 

まとめ

転職活動は内定後が一番迷います。

条件面、感情面の両方から判断して、納得感のある決断ができれば、入社後もポジティブな気持ちで働けるでしょう。