転職成功の秘訣は希望条件を明確にすること、です。

 

 

応募する時に求人票を見ていると、

(特に希望職種の幅が広い場合)

あれも良い、これも良いと迷ってしまいます。

 

 

とりあえず応募、というやり方もありますが、

応募段階である程度絞っておいた方が後々ラクです。

 

 

そんなに希望していない会社の面接にばかり行って、本命への準備を怠ってしまってはもったいないので。

 

 

また、まずは今の職場の不満点を書き出すやり方も有効ですので、

まだの方はこちらも参考にしてください^^

転職したいけど自己分析ができない人はまず職場の不満を書き出そう

 

まずは現在の職場や生活に対する不満を書きだしましょう。

 

 

自分がどういうところに不満を感じているのか分かった段階で、

じゃあ次はどんな職場で働きたいのか、どんな仕事が良いのかなど、

自分の希望を明確にしていきます。

 

 

希望条件を書きだそう!

 

職場の不満を書きだす時と要領は同じです^^

 

例です。

 

6つの項目に分け、各々の希望条件を書き出していきます。

次に希望の度合に対して、1 から5までの点数をつけます。

 

5  絶対譲れない

4  譲れない

3 できれば欲しい

2 あれば嬉しい

1 なくてもOK

 

例なので少ないですが、

とにかく思いつく限り書きましょう。

 

誰が見ているわけでもないので、何を書いてもOKです。

 

 

書き出すことで自分が望んでいるものが明確になります。

 

 

例では、項目ごとに並べると

環境>仕事内容>福利厚生>人間関係>給与>スキルアップ

の順になりました。

 

 

 

ただ、書き出した項目数が少なくても自分の中で重要度が高いものがあると思います。

「給与○○万円以上は外せない!」とかですね。

 

 

一度、すべての条件を一行ずつ書き出し、全部比較してみると優先順位が更に明確になります。

 

希望条件

 

このようにして、上からどちらが大事かを比較していきます。

1行目の方が大事であれば次は1行目と3行目の比較に移ります。

 

3行目の方が大事と判断した場合、暫定一位は3行目の「英語を使用する」になります。

 

すべて比較するのは大変ですが、

優先順位を可視化し、はっきりさせることができるのでおすすめです。

余裕がある方は条件ごとに比べる方もやってみてくださいね。

 

 

転職エージェントを利用して、好条件の仕事を見つけましょう。

おすすめの転職エージェント!自分に合う転職エージェントを選ぼう